column

コラム

コラム

column

【動画資料 制作会社】プレゼン動画の企画に必要な要素とは?

動画資料やプレゼン動画制作に重要な企画要素や作り方とは?制作会社が解説します!

動画資料やプレゼン動画の制作にあたっては、企画のプロセスが非常に重要です。企画においては目的やターゲットの明確化、シナリオ制作などが重要ですので、動画制作会社にお問い合わせください。

プレゼン動画制作に重要な企画要素や作り方とは?

会議


プレゼン動画を制作する際には、動画の方向性や仕上がりを決める「企画」の段階が非常に大切です。企画に必要な要素・作り方をステップ順にまとめると、以下のとおりです。

1.目的の明確化

企画はまず、目的をはっきりとさせることから始めます。

  • 認知度向上
  • 企業紹介
  • ブランディング
  • 販促活動
  • 採用活動
  • 社内資料

上記のように、企業が動画を作る理由は様々です。目的によって動画の種類やターゲット、掲載媒体などが異なるため、まさに動画づくりの方向性を決める重要なステップだと考えられます。目的と同時に決めたいのが、達成すべき目標です。「月間で○回リンクをクリックしてもらう」など、定量的かつ具体的な目標にするのがポイントです。

2.ターゲットの明確化

ターゲットは、可能な限り具体的に設定します。

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 学歴
  • 年収
  • 趣味
  • 家族構成 など

上記のように、できるだけはっきりと、個人をイメージできるレベルまでターゲット像を設定していくことが重要です。どのような人物に訴求するのかはっきりさせれば、動画の方向性やアピールすべきポイントも変わってきます。

3.掲載先媒体の決定

ターゲットを決めたら、次は動画の掲載先を決めることが重要です。

媒体一般的な長さ
YouTube5秒~2分程度
Twitter30~40秒程度
Instagram30秒程度
Facebook60秒程度
自社ホームページ目的や内容によって様々

訴求したいターゲットで、掲載すべき媒体は異なります。そして掲載する媒体によっても動画の長さやテイストが異なってくるため、この段階で決めておくことが重要です。

4.コンセプトとタイトルの決定

次に、コンセプトやタイトルを決めていきます。動画を通じて伝えたいメッセージや情報が、コンセプトです。例えば企業の紹介動画や採用動画であれば、会社が社会においてどのような価値を提供しうるのかをコンセプトとして伝えます。

目的や目標と区別がしにくいかもしれませんが、コンセプトとは商品やサービスによって得られるベネフィットのことです。

5.シナリオの設計

ターゲットへ効果的に訴求するためには、共感できるシナリオ設計が欠かせません。ターゲットの人物像を思い浮かべ、どのような問題を抱えているのか、どうすれば悩みが解消されるのかを考え、シナリオに組み込みます。ターゲットが「まさに自分のために作られた商品・サービスだ」と感じるように、共感してもらえることを重要視することが重要です。

6.絵コンテの作成

シナリオを作成したら、撮影前に絵コンテを作成します。絵コンテとは、動画の構成台本のようなものです。絵コンテには、以下のような情報を書き込みます。

  • イラスト
  • 役者への指示
  • セリフやナレーション、音響

どのような動画になるのか、言葉だけでなく絵も使ってイメージしやすくすることが目的です。

KAIKOHでは、CMやプロモーションビデオ、テレビ番組などの制作やディレクター、カメラマンなどのマネジメントを行っております。

社内資料や販促用の動画制作ならKAIKOHへご相談ください!

左下を見るカメラマン


動画制作にあたっては、どのような動画づくりをするのか方向性を決める「企画」のステップが非常に大切です。企画を進めるには、まず動画づくりの目的や目標を決め、ターゲットを定めることが求められます。目標は定量的かつ具体的に設定し、ターゲットは人物像をイメージできるぐらい具体的に決めることが重要です。

次に進めたいのが、コンセプト決めと掲載先の媒体の決定です。コンセプトは商品・サービスを利用することで得られるベネフィットのことを指します。掲載先の媒体によって動画の長さやテイストが異なるため、早期に決めることが重要です。そしてターゲットへ効果的に訴求するには、共感できるシナリオ設定が求められます。また撮影前には、絵コンテを作ってイメージを共有できるようにすることも重要です。

KAIKOHでは、社外用プレゼン資料動画から社内資料動画に至るまで、ご希望に合わせた動画制作を承っております。動画制作をご検討されているなら、KAIKOHへぜひお気軽にご連絡ください。

動画制作会社をお探しの方のためのお役立ちコラム一覧

費用のご相談についてお気軽にどうぞ!動画資料の制作会社といえばKAIKOH

会社名合同会社 KAIKOH
住所〒131-0033 東京都墨田区向島3丁目3−7−201
(2020年2月22日より事務所移転いたしました)
TEL/FAX03-6751-8440
代表者名荒谷 多美
資本金500,000円
設立2017年9月13日
事業内容映像制作・企画制作・動画資料・ライブ配信・キャスティング・代行
クリエーターマネージメント・見積り依頼 【全国対応可能】
URLhttp://kaikoh.net/

ページトップ

×