column

コラム

コラム

column

【動画資料 制作会社】費用相場の内訳ポイントを解説!

動画資料の制作には様々なコストがかかる!費用相場について動画制作会社がお伝えします

動画資料制作の費用は、主に企画・撮影・編集の3ステップに分けられます。いずれのステップにも様々な人が携わっており、規模によってコストは異なるものです。動画資料の制作会社がお伝えします。

動画資料の制作費用相場!企画費・人件費・諸経費などの詳細

クラッパーボード

動画資料の制作には様々なコストがかかります。企画費の他、撮影・編集などの各工程に人件費が含まれます。さらに、その他諸経費もまとめると以下のとおりです。

企画費

企画費とは、動画のテーマや構成の考案、そして動画撮影に移ってからのプロジェクト全体の進行にかかるコストのことを指します。動画づくりの方向性や制作全体のスケジュール進行に関わる重要なステップです。

クライアントへのヒアリングにより目的を確認し、求めている世界観や実写・アニメーションの選択、全体の構成などを判断します。また、構成案をもとにした緻密なスケジューリングも、企画における重要な仕事です。一般的には、以下のコストがかかるとされています。

項目概要コスト相場
プロデューサー費予算・進行管理5~10万円
ディレクター費動画全体の演出5~25万円
構成台本作成費構成・台本の作成5~15万円

全体的なコスト相場は、10~50万円程度です。「撮影がまだ始まっていない段階でそんなにかかるのか」と思われるかもしれません。しかし、動画の最終的な仕上がりを左右する重要なステップであり、制作に欠かせない費用です。

撮影費

動画を撮影するためにかかるコストです。当日にはカメラマンや出演者だけでなく、音声担当や撮影場所を決めるロケハンなど、様々な人件費がかかります。また、場所によっては利用料の支払いも必要です。

多くの人が関わるために、動画づくりの中でもコストボリュームが高いステップだといえます。コストは関わる人数と撮影にかかる時間によって変化し、規模が大きい現場では高額になります。一般的なコストの内訳は、以下のとおりです。

項目コスト相場
撮影費5~35万円
機材費5~50万円
ロケハン費5~10万円
キャスティング費5~50万円
スタジオ費5~40万円
移動・宿泊費5~30万円

全体的な相場は、撮影規模によって大きく異なります。10~数十万円程度でできることもあれば、100万円を超えるコストがかかることもあり得るステップです。

編集費

撮影した映像や収録音声を編集し、動画作品として仕上げるステップにかかるコストです。生の動画素材の中から使用する部分を決めるだけでなく、音響やナレーションなども必要に応じて追加していきます。そのため動画編集スタッフだけでなく、必要に応じてナレーターの人件費や音響・画像などの素材費もかかります。

編集にこだわるほど作品のクオリティが向上しますが、同時にコストもかかるため注意が必要です。ディレクターやクライアントとも相談しながら、最もよい妥協点を見つけていくことが求められます。編集にかかるコストの相場は、おおよそ以下のとおりです。

項目コスト相場
編集費5~50万円
音響・ナレーション費5~20万円
グラフィック費5~30万円

全体的なコストの目安は、10~100万円程度です。

KAIKOHでは、動画づくりに必要なスタッフの手配にお困りの方に、業務提携している企業やフリーランスのスタッフをご紹介しております。動画を使ったプロモーションをお考えの企業様は、ぜひお気軽にご連絡ください。

動画制作にかかる費用の内訳・相場のご相談はKAIKOHへ

コイン

動画づくりには、主に企画・撮影・編集の3ステップがあります。企画とは、動画づくりの方向性を決め、撮影のスケジュールを考えるステップを指します。まだ撮影が始まっていない段階ではありますが、動画全体の仕上がりに大きく影響する大切なステップです。

撮影は、文字通り動画の撮影を行うステップのことを指します。動画の撮影にはカメラマンやキャストだけではなく、音声担当やロケハン担当など様々な担当者が携わるものです。そのため、動画づくりの中で最もコストウェイトが高いことも多々あります。

そして編集は、撮影した動画素材を1つの作品として仕上げていく作業です。使用する部分を決めるだけでなく、音響やテロップなどを追加することも編集の仕事に含まれています。

KAIKOHは、CMやプロモーションビデオ、Web動画やテレビ番組の企画・制作、そしてディレクターやカメラマンなどのマネジメントをしている東京下町のプロダクションです。動画資料の制作や費用のお見積りに関しては、お気軽にお問い合わせください。

動画制作会社をお探しの方のためのお役立ちコラム一覧

費用のご相談についてお気軽にどうぞ!動画資料の制作会社といえばKAIKOH

会社名合同会社 KAIKOH
住所〒131-0033 東京都墨田区向島3丁目3−7−201
(2020年2月22日より事務所移転いたしました)
TEL/FAX03-6751-8440
代表者名荒谷 多美
資本金500,000円
設立2017年9月13日
事業内容映像制作・企画制作・動画資料・ライブ配信・キャスティング・代行
クリエーターマネージメント・見積り依頼 【全国対応可能】
URLhttp://kaikoh.net/

ページトップ

×